トンカ豆なしで話題のMr.CHEESECAKEのチーズケーキを作ってみた

裏メニュー
スポンサーリンク

お家時間が長くて退屈だし、
世の中は自粛、自粛でどこにも行けないし、
美味しいものも食べに行けないし、

インターネットも飽きてきたし…

なんてな感じで退屈な日々を過ごしていたら見つけちゃいました!

ネット販売オンリーで
販売してもすぐに売り切れちゃうと噂の
Mr.CHEESECAKE が

オリジナルレシピを大公開しているじゃありませんか!

無類のチーズケーキ好きなminiとしては
こんなチャンスを見逃すはずもなく、
早速チーズケーキ作りにチャレンジしてみることにしました。

このブログは料理のド素人miniが
悪戦苦闘しながらも
なんとか美味しいチーズケーキを作り上げる感動巨編です。(笑)

因みに本物のMr.CHEESECAKEの材料には
入手困難なトンカ豆ってのがあるんですが
このブログで紹介するチーズケーキでは
トンカ豆を使わずに最後まで作り上げています。

なのでガッツリ本物を作りたい人には合わない内容となっています。

出来る限りお手軽にお店で買ってくるような
激うまチーズケーキを作りたいって人に役に立つブログです。

幻のチーズケーキのレシピ公開

今回チャレンジするチーズケーキは
冒頭でも触れたように

幻のチーズケーキと言われているぐらい入手が困難な代物です。

なんとその門外不出のレシピを

Mr.CHEESECAKEの公式サイト

公開しているとニュースでやっていたんです。

無類のチーズケーキ好きのminiとしては
チェックしない訳にはいかないし、
しかも期間限定公開らしいので
今のうちに作って
備忘録を書いておかないとって思ったわけです。

チーズケーキを自分で作るなんて何年ぶりかしら?

全然うまく作れる気がしませんが、
お菓子作りなんてやったことないって人でも簡単に作れたので
是非最後までお付き合いください。

材料を揃えるにも…最初の難関 トンカ豆

まずは何を作るにしても材料が必要です。

公式サイトには材料が写真付きで掲載されていますが
高級な材料や入手困難な材料もありそうです。

以下が公式サイトに載っている材料です。

  • クリームチーズ・・・・・・200g
  • 砂糖・・・・・・・・・・・100g
  • サワークリーム・・・・・・180g
  • ギリシャヨーグルト・・・・・50g
  • 生クリーム・・・・・・・・100g
  • 卵・・・・・・・・・・・・・・2個
  • コーンスターチ・・・・・・・20g
  • レモン果汁・・・・・・・・・・9g
  • ホワイトチョコ・・・・・・・50g
  • トンカ豆・・・・・・・・・1/2個
  • バニラビーンズ・・・・・・1/4本

どーです?

miniがこれを見て最初に思ったのは
チーズケーキって結構いろんな材料を使うんですねって事。

しかもトンカ豆って聞いた事ねぇし、
ヨーグルトもギリシャヨーグルトじゃないとダメなんですかね?

やっぱうまいもん作るにはそれなりの材料が必要みたいです。

公式サイトの材料をみてると
やはり公式は高価な材料を使用しているみたいで、
写真に写っているホワイトチョコレートは
ヴェローナってところのチョコレートです。

価格を見ると板チョコで
1,000円ぐらいする超高級チョコレートですね。

こんなん使えるわけもないし
トンカ豆ってヤツもどこにも売ってない。

なので身近なスーパーで買い揃えられる物で代用しながら
チーズケーキ作りにチャレンジします。

今回使った材用の紹介。

クリームチーズにはkiri(miniはクリームチーズの中でこれが一番好き)、
砂糖はこねるの面倒臭そうなのでグラニュー糖で代用。

サワークリームはどこでも買える中沢乳業のサワークリーム
ギリシャヨーグルトは明治のパルテノ(もちろん無糖)、
生クリームは乳脂肪分の多いタカシナ純生クリーム35
ホワイトチョコはダースをチョイスしました。

そして、話題のトンカ豆ですが
これはバニラビーンズと一緒で香りづけに使用するみたいなんですが、
どうしても見つからなかったので
バニラオイル(バニラエッセンスでも可)だけで代用します。

しかしながらトンカ豆は気になりますね。

あたらしいもの好きのminiは試してみたくて
カルディーコーヒーファームやら市場やら
色んな所に探しに行ったんですが
売ってなかったし、店員さんもトンカ豆知らなかった。(笑)

因みにバニラビーンズはカルディに売ってましたよ。

話題話題っていっても所詮こんなものだよねって感じでした。

インターネットならすぐにお取り寄せできるみたいなので
今度ポチっとしてみます。

材料がそろえばあとは簡単

さあ、ひととおり材料を揃えたところで作っていきます。

まずはクリームチーズに砂糖を混ぜます。

この時に湯煎をして生地を温めながら行うのがポイントです。

生地を温めることで焼き時間が短くなり食感がマイルドになるんです。

次に別口でサワークリームとギリシャヨーグルトを混ぜていきます。

混ざってきたら、ここに卵を3回に分けて入れます。

公式サイトで見るとこの卵は卵黄のみな感じですが
もったいないのでminiは全卵を使います。

そこにレモン果汁、コーンスターチをいれて滑らかになるまで混ぜます。

ヘラで混ぜるのが面倒臭かったので
電動泡立て機で混ぜました。

最初は飛び散る恐れがあるので
ゆっくり回していき、徐々にスピードアップする感じ。

更に別の小鍋に生クリームを入れ、
細かく砕いたホワイトチョコレートを投入し、
火に掛け溶かしていきます。

ここにバニラオイル(公式はバニラビーンズとトンカ豆を入れて香りを煮出す)を入れます。

これらの準備ができたら一つのボールに入れ
全体を滑らかになるまでよく混ぜます。

そして、ケーキ型に流し込むんですが
この時にこし器に掛けると出来上がりが滑らかになるようです。

miniは面倒くさいのでそのままケーキ型に入れちゃいます。(笑)

ここがポイント!オーブンで焼く

生地が完成したら後は焼くだけです。

実はこの焼きの工程がこのチーズケーキの肝だったりします。

普通にオーブンで焼いていくんですが、

焼くときに天板の上に水を引いて焼きます。

こうすることでケーキに入る熱の温度が変化するため、
表面と底面で焼きあがりの固さが変わるんです。

これによって表面はスフレケーキみたいな焼き加減、
底面近くはレアチーズケーキのようなしっとりとした焼き上がりに。

これがこのケーキの最大のポイントです。

焼きの温度は180℃で25分、
更に150℃で20分でオッケーです。

焼きあがったら粗熱をとり、
冷蔵庫で4時間以上冷やせば完成です。

お疲れ様でした。

結構ボリュームがあり、
1㎝幅でも大満足の濃厚で重厚な美味しさなので大満足間違いなしです。

違いの判らない男

出来上がったチーズケーキはとっても美味しく、
まさにお店で買うチーズケーキの出来栄えです。

まあ、本物のMr.CHEESECAKE
食べたことがないので本物と比べることはできないから、
自分で作ったチーズケーキで満足できるんでしょうけど。

とにもかくにも
こんなに美味しいチーズケーキが
自分で作れちゃうのは驚きものです。

そんなに難しくないので是非皆さんも作ってみてください。
きっと笑顔になれる時間が待ってますよ。

違いの判る男に!

追記です。

先日、セブンイレブンで
ミスターチーズケーキのアイスクリームが販売されていました。

ものは試しにと購入していただいてみましたが、
その味はほんのりと杏仁豆腐のような香りと甘味が!

きっとこれがトンカ豆のテイストなんですね。

これはこれで美味しかったですが、
miniとしてはトンカ豆無くても充分美味しいく出来るんだと確信できました。

感想としてはトンカ豆が無い方が
よりチーズ感を感じられる。

そんな感じです。

参考になったかな?

それでは!

更に追記

チョコレート(ホワイトチョコ)についての追記です。

今回は市販されているダースのホワイトチョコレートを使用しましたが、
本来ならばクーベルチュールチョコを使用するのが理想です。

クーベルチュールチョコとは
1:カカオ分35%以上(カカオバター31%以上、カカオマス2.5%以上)
2:カカオバター以外の代替え油脂が使われていない
この2つの国際基準を満たした製菓用のチョコレートの事です。

市販の物を使うよりも滑らかで
風味もシャープになると思われます。

まあ、miniの作り方で作っても激ウマだし
弟のお嫁さんにも大好評だったので
そんなに本格的じゃなくても
そこそこクオリティの高いチーズケーキが出来ればOKって人は
気にしなくていいと思います。

更に時間を持て余している人は

お家時間を持て余している週末には
時間を掛けて煮込み料理を!

スペインの伝統的煮込み料理
ジャギをお手軽に再現できるレシピ&手順はこちら

★ジャギレシピ★

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました