衝撃体験 もう二度と行かない! 有名店の真実 常勝軒千葉本店

ラーメン
スポンサーリンク

こんにちはminiです。

今回はあの東池袋大勝軒(東池袋大勝軒を知らない人はこちら)の流れを汲むと思われる常勝軒千葉本店へ突撃しました。

常勝軒のファンの方は絶対に見ないでください!

これは飽くまでminiの主観に基づくブログですが、実際に体験した事を書いております。

そして今回ここに書き綴る体験はminiにとって衝撃の体験であり、

忘れられない出来事になってしまいました。しかも最悪な出来事として。

基本データ

  • 店名:常勝軒 千葉本店
  • 住所:千葉県千葉市緑区おゆみ野中央2-3-1
  • 電話:043-226-9187
  • 営業時間:11:00~23:00(月~金曜日) 11:00~23:00(土・日・祝日)
  • 駐車場:あり
  • ジャンル:醤油つけ麺 

12時過ぎなのにお客が居ない

挑発的な書き出しから入ってしまいましたが、

基本的に大勝軒系の極太つけ麺は大好物です。

当日は梅雨の雨も手伝って湿度が高くジトっとしていました。

こんな時はつけ麺でスルスルっとサッパリランチを食べたくなり、

つけ麺と言えば大勝軒でしょって事で近くの系列店を探してみました。

すると近くにあったのが常勝軒千葉本店と言うお店。

検索では系列店かどうかはわかりませんでしたが取り合えず行ってみることに。

店舗はMr.Maxと言う複合商業施設の一角にあり、

広大な駐車場も兼ね備えていてアクセスに関しては抜群の立地です。

時間的には12時ちょい過ぎでランチタイムど真ん中なんですが、

常勝軒のところには車があまり止まっていません。

お休みかな?っと思いましたが入り口には営業中の看板が掛かっています。

ランチタイムに並ばずに食べられるのは逆にラッキーです。

早速中に入ってみます。

入ってすぐのところに券売機があって、

その隣には大きく写真付きでメニューの紹介があります。

これは非常に良いサービスですね。わかりやすい!

基本は味噌と醤油のスープでつけ麺とラーメンがあり、

ラーメンには塩スープも用意がありました。

食券のボタン配置などは見やすくスッキリしていて迷わずに食べたいメニューにたどり着けそうです。

今日は醤油スープのつけ麺(780円)をチョイスすることにしました。

残念なことにつけ麺屋では普通のサービスとなりつつある麺の増量無料サービスが終了してしまった様です。

違和感

食券を買い終わるとお客がいないこともあってか、

カウンターではなくテーブル席に案内されました。

店内は綺麗に保たれていて店員さんの接客対応も申し分ないレベルです。

なんでお客さんがいないんでしょうか?

雨のせいですかね?

何となく違和感を感じます。

それが何なのか正体はわかりませんがモヤモヤします。

席に着くとちょっと気になるところがありました。

というのもテーブル調味料が殆ど無いことです。

備え付けで置いてあるテーブル調味料はラー油と大勝軒系列ではお馴染みの花胡椒のみ。なんだか中途半端で奇妙です。

違和感の正体

テーブルで待っていると、もっと気になることが。

それは店員のおしゃべりです。

もちろん和気あいあいと働くのは良いと思うのですが、

限度ってのがあると思うんですよ。

見える限りでは厨房に男性2人、

ホールに女性1人がいましたが、

特に厨房の2人が常に大声で談笑をしています。

ここで不意に違和感の正体に気づきました。

そう、店員の誰一人としてマスクをしていないんです。

最近はどこのお店に行っても全員マスクをつけているので違和感を覚えたんだと気づきました。

そんな状態で調理中に厨房で大声で談笑。

ちょっと信じ難い光景です。

味は普通

だいぶメンタル的にやられてしまいましたがつけ麺の到着です。

それではいただきます。

スープは魚介系のいわゆる大勝軒系の味です。

少し薄いかも…でも安定の美味しさです。

麺は綺麗に揃えられて提供される。

まさに大勝軒スタイル。

少し硬めに茹であげられた麺はツルシコの歯応え抜群な麺です。

食感は最高です!

チャーシューはちゃんと歯応えを残す調理加減で、

口に入れるとホロホロと崩れる感じです。

あと特執すべきはスープに柚子ピールがふんだんに入っていて結構アピールしてきます。

つけ麺の味はとしては至って普通でお客さんが入って無い理由が分からないほどです。

やっぱりこの時期はマスクとかの衛生面が気になるんですかね。

今日のミニ丼♪

ミニチャーシュー丼(200円)

これに関しては味が濃すぎです。

タレとご飯の割合が全く合っておらず、タレ丼を食べている感覚。

タレの味も濃いのでしつこすぎる感じになっちゃいます。

衝撃の出来事

そんなこんなで食べ進めているとやっぱりつけ麺にはお酢が欲しくなります。

店員さんは相変わらず喋りまくってますが、

勇気を持って声掛けをしてお酢を持ってきてもらうことに。

スープに2周半ぐらい回しかけ、味変をして楽しみます。

やっぱりお酢を入れるとサッパリしてとっても軽いスープになるので食べやすいですね。これオススメ!

しかしつけ麺を食べ終えてから衝撃の真実を知ってしまうことになったのです。

全てを食べ終え、いざ帰ろうとした時にふとお酢の容器を見たんです。

そしたら…そのお酢の中にショウジョウ蠅が溺れています!

オーマイガッ!

散々つけ麺のスープに振りかけた、あのお酢の中にショウジョウ蠅が浮かんでいるんです。

それを見た瞬間に数秒フリーズ。

数秒後に我に帰りましたが、未だに受け入れ難い現実であることには変わりませんでした。

総評

楽しく働くのも良いけど、マスクをするだとか提供前に容器の中を確認するだとか、最低限の事はやらないとお客さんは来なくなるんだなぁとつくづく感じました。

有名店の系列だからと名前に甘んじていたら結果お客は来なくなるんですよね。

因みにminiはその時にペーパーナフキンに蠅が混入している旨を書き残して退店しました。(優しさです)

しかしながらもう二度とこのお店には行きません。

やっぱりそういう物ですね飲食業って。

miniは飲食業をその時その時が勝負であり、

お客さんとは一期一会であると思ってもてなせるかどうかだと思っています。

ご馳走さまでした。

お店の場所

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました