名前も味もクセがすごい!でも絶対みんな好きな味 RAGUMAN2014

ラーメン
スポンサーリンク

クセがすごい!

そう、佐倉市には個性の強いラーメン屋が多いんです。

今回もそんな個性の強いラーメン屋の紹介になります。

その名も RAGUMAN2014 です。

ラグマンと読むらしいのですが

なんのことやら

意味不明の店名ですね。

でもラーメンは優しい味で

女性でもお子様でも安心して食べられる逸品です。

そんなクセのすごいラーメン屋の雰囲気が少しでも伝わるようにレポートするので最後までお付き合いください。

佐倉市のクセがすごいその他のお店はこちら

基本データ

  • 店名:RAGUMAN2014
  • 住所:千葉県佐倉市鏑木仲田町11-2
  • 電話:043-308-7794
  • 営業時間:11:00~14:00 17:00~22:00(火曜日定休)
  • 駐車場:あり
  • ジャンル:ラグマンラーメン

山小屋みたいな可愛いお店

お店の場所は国道296号線から少し入った

目立たない場所にありますが、

印旛合同庁舎や健康福祉センターなどの入った公共施設の近くなので

お客さんには困らない立地ですね。

なんと言ってもこのお店の特徴のひとつ目は可愛らしい外観。

見ての通りまるで高原にある山小屋残ったような可愛いお店なんです。

パッと見はラーメン屋だとは思えません。

早速、中に入ってみます。

中では店主1人でオペレーション中。

いらっしゃいませの挨拶はありましたが

なんとなく無愛想に感じます。

お店の雰囲気とミスマッチで違和感を覚えます。

雰囲気は店内も山小屋感満点。気分はすっかりリゾートですよ。店主の無愛想さが悔やまれます。(笑)

特徴のひとつとして店内が清潔にされているところもポイントが高く

まさに女性でもお子様でも安心できるお店です。

さて今日は何を頼もうかとメニューを覗きます。

おっ!メニューは細かくいっぱい書かれています。

でもジャンル分けがされていて比較的わかりやすいメニューな気がします。

基本はらぐまんらーめんと言うのがベースになっていて

それを派生させてバラエティ豊かなメニューを作り出しているみたいです。

そう言われるとまずは基本のらぐまんらーめんを頼みたくなります。

なので今回は基本のらぐまんらーめん(700円)をチョイスする事にしました。

ラーメンが出てくるまでの間、誰かが頼んだのかトムヤムクンっぽい匂いが鼻先をくすぐります。

この匂いで食欲が倍増しちゃいます。

そんなソワソワした気持ちで待っていると

奥様なのか店員さんが登場。

朝の買い出しに行っていたのかも知れません。

この奥様の登場で店内の雰囲気がガラリと変わり和やかな感じに!

とりわけ店主もニコニコと愛想が良くなってます。

ひょっとしたら店主は人見知りなのかも知れないですね。(飲食店やってるのに、なんてお茶目なんでしょう!)

白菜の旨味が凝縮されている

色んな刺激を受けながら待つ事5分程度

来ました!謎のラーメンらぐまん!

これがらぐまんらーめんです。

見た目は白菜を煮込んだ旨煮ラーメンのような感じです。

それではいただきます!

スープは白く透き通っていて塩ラーメンのようですが

これは白醤油を使ったスープとの事で

確かに飲んでみると塩ラーメンのそれではなく

白菜の出汁がしっかり出ているコク深いスープであるのがわかります。

しかもごま油の香りが印象深さを強めるのに役立っています。

中々他では味わえないスープですね。

次に麺です。

麺は細麺でスープを余す事なく絡めてくれます。

スープに比べると余り特徴の無い麺ですが

だからこそ、どんなスープにも合わせることのできるマルチな麺なのかも知れませんね。

今日のミニ丼

セットでいただく

ベトナムご飯(400円)

ご飯の上にオムレツ風の卵とピリ辛のひき肉が乗ったベトナムご飯。

ベトナムと言うだけあって魚醤が香りピリ辛のひき肉が食欲を刺激します。

アジアンテイストな料理が好きな方は絶対ハマる一品ですね。

でも400円はちと高いかな…

美味しいんだけどね。

総評

佐倉市には余り見かけない可愛いお店。

お子様から女性まで幅広く受け入れてくれるお店です。

ラーメンもその懐の深さは健在で万人が美味しいと感じる味だと思います。

らぐまんと言う意味不明な名前がついてますが

まずは一回試してみるといいと思います。

絶対にみんなが好きな味ですよ。

※ラグマンを調べてみました。

ラグマンとは中央アジアで広く食べられている手延べ麺の事らしいです。本場では羊肉を使ったかなりクセのある料理のようですが

ここのらぐまんらーめんは日本人好みにきちんと調整されています。

とても美味しかったです。

ご馳走さまでした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました