味噌ラーメン専門店が本気で考えた担々麺は衝撃の味! 田所商店タンタンメン部

ラーメン
スポンサーリンク

ラーメン好きに朗報です。

あの味噌ラーメン専門店の田所商店さんが
今度は担々麺に特化して作ったお店をオープンさせたんです。

その名も 田所商店タンタンメン部 です。

この田所商店タンタンメン部は
昨年の10月にオープンしたばかりなんですが
看板はネオンで派手派手、しかも田所商店の真横に造ったと来たら
田所商店さんの本気度が伺えますよね。

どんな担々麺と出会えるのか楽しみです。

早速行ってみます。

基本データ

  • 店名:田所商店タンタンメン部
  • 住所:千葉県千葉市花見川区武石町1-213-1
  • 電話:043-216-3789
  • 営業時間:11:00~22:30
  • 駐車場:あり
  • ジャンル:担々麺

ド派手な看板が目印

今回お邪魔した田所商店タンタンメン部は京葉道路の
武石インタチェンジのすぐそばにあります。

そう、この武石インターチェンジには
多くの飲食店が立ち並んでいて、
もちろんラーメン屋さんもたくさん存在しているいわば激戦区です。

その中には以前にレポートした
ばんから一風堂などがあります。
良かったら以前のレポートを読んでみてくださいね。

さらにここには、本家の味噌ラーメン専門店の田所商店もあります。
自ら激戦区にしている感がありますが…。(笑)

建物は白が基調でそこに赤い文字で大きく「タンタンメン部」と書いてあり、
夜になるとこれがネオンサインになっていて非常に目立つんです。

夜ここを通るとまるで光に吸い寄せられる虫のように
グイグイ引き寄せられちゃいそうになるんですよね。

そんな思いで毎日のように傍を通っていたので
いつかは訪問したいって思っていたお店。

今回はタイミング良く訪問できるチャンスだったので
このチャンスは逃すまいと訪問するに至った訳です。

駐車場は広々としていて10台前後の駐車スペースがありますが、
12時近くに訪れたこの時はほぼ満車状態でした。

人気があるんですね。

それでは早速入ってみましょう。

時代に合わせてオートメーション化

入り口には自動でアルコールを噴霧してくれる消毒器と
体温測定器が設置されています。

時代ですね。

ちょっと物々しく感じますが、
それも一瞬だけであとは安心感に変わっていきます。

店内も白が基調の内装で非常に清潔感を感じます。

店員さんのアテンドもキチンと教育されていて
心地よく席に案内されました。

また、カウンター席は移動式の大きなアクリル板で
仕切る事ができるようになっていて
店員が利用人数によって間仕切る場所を変えられるようになっていました。

出来たばかりのお店って事を加味せずとも、おもてなしの心遣いは最上級ですね。

さて、坦々麺専門店とはいかに。

メニューを眺めます。

メニュー構成はやはり坦々麺のみのようで、
ベースの味がエビ味噌山椒スリランカカレーの3種類から選べます。

あとはトッピングをどうするかで値段が変わる感じで、
ランチタイムには小ライス1杯が無料でサービスされるようです。

坦々麺の残りスープにご飯をドボンする人って、
きっとものすごい大勢いると思うので、
このサービスは坦々麺好きには堪りませんな。

用意された道は3択ですが、どれも魅力的でチョイスに困ります。

う〜ん。
本当に迷いましたが、
今回は山椒ベースの坦々麺をチョイスすることにしました。

最近流行りのシビ辛ってヤツですね。

さらに北海道チキンカツをトッピングで追加します。(980円)

そして小ライスが無料だったんですが、
初めてのお店なのでちょっと冒険して
えびめし(480円)ってのも頼んでみることにしました。

そしてこのオーダーでも店員との接触を避けるためか、
タッチパネル式を採用しておりました。

しかし!

このタッチパネルのUI(使い勝手)が非常に悪いし、
場所と時間にもよるんでしょうけど光がパネルに反射して
見づらい事この上ない。
ちゃんと注文できたか不安だったので、内容を確認したら
北海道チキンカツのみをオーダーしたことになっていて
慌てて店員を呼んでオーダーし直しました。(笑)

ここは改善の余地が大いにありそうです。

衝撃的な辛さ!しびれが舌を襲う!

どうにかオーダーを終え待っていると
ようやく山椒担々麵がやってきました。

スープがイカ墨かってぐらい黒っぽいです。

それと写真が取れなかったのですが
ラーメンを持ってきてから大きなペッパーミルで
追い山椒を振り掛けてくれました。

※写真は他の人がそのサービスを受けているところです。

これは面白いパフォーマンスですね。
まるで高級レストランのサービスのようです。(笑)

それでは早速いただきます!

まずはスープ!

本当に黒っぽいです。

よく見ると深い緑のような色をしています。きっと青山椒の色なんでしょう。見た目からシビれそうですね。

もちろん山椒の爽やかな香りが鼻腔を刺激します。

それではひとくち。

ぬぉぉぉぉっ!

凄い刺激が舌を直撃します!

ひぇ〜!痺れるぅ!

これ相当凄いシビれですよ。
激辛王選手権できるんじゃないの?ってぐらいシビ辛です!

正直、細かい味のレポートどころじゃないです。

とにかく麺もいただいてみます。

麺は柔らかめの茹で上げですがモチモチです。
しっかりとスープを絡めてくれるので
慣れるまではむせるのを覚悟してすすらないといけません。

こちらも麺の味どうこうよりスープのインパクトでいっぱいです。

しかし、しばらく食べ進めると段々と口が慣れるもので、
しっかりと坦々麺らしい胡麻の風味を感じられるようになってきました。

辛い事には違いないですが…

そしてトッピングで付けた北海道チキンカツ。

サクサク感が失われないように別皿で配膳されました。

これはこれで美味しい!けど、坦々麺には余り合わないかな…

ソースをかけてそのまま食べた方が絶対に美味しいですよこれ。

今日のミニ丼♪

えびめし(480円)

いわゆるチャーハンなんですが味がソース味です。

大きめのエビが存在感を示していて、
食べ応えがありますがお値段を考えるとちょっと高い気がします。

ソースチャーハンは他では余り食べられないので、
変わったもの好きならチャレンジする価値はあるかもです。

総評

辛いものが好きなら絶対にオススメのお店です。

しかし本文にも書きましたが相当辛いです。

辛いのを覚悟できて、楽しめる人なら最高のお店と言えるかも知れません。

例えば四川風麻婆豆腐なんかが好きな人は合うと思いますよ。

miniとしてはエビ味噌スリランカカレーも試してみたいと思っております。

あとオマケ情報としてラーメンに乳酸菌をサービスで入れてくれます。

店員さんいわく味は変わらないらしいです。
当然、miniも入れてもらいました。
この乳酸菌にどれほどの効果があるのか疑問ですが
タダで入れてくれるって言うんだから入れてもらっても損は無いのかと。

あとはちゃんと成分表示もあるので、
色々お客さんの方向を向いてご商売をされている事がわかるお店でした。

訪れて嫌な思いはしないし
楽しく食事ができるお店である事は間違いないので
是非、辛い物が好きなら行ってみてください。

ご馳走さまでした。

田所商店 タンタンメン部ラーメン / 京成幕張駅幕張駅実籾駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました