世界で愛されるラーメンはしっかりと計算されたビジネスモデルで成り立っている 博多一風堂

ラーメン
スポンサーリンク

博多発、世界へ。

日本のラーメンが世界で注目されるようになったのには
このラーメン屋の功績を語らずにはいられないだろう。

博多豚骨ラーメン。

白濁したスープにキクラゲや紅ショウガ、分葱が鮮やかに丼を彩り
豚特有の獣のような匂いが湯気に紛れて鼻を刺激する。

「おっちゃん。替え玉!バリカタで!」

博多の屋台で楽しまれていた独特のラーメン文化が
このお店によって日本全国へ

そしてその人気は留まる事を知らず世界各国へ瞬く間に広がっていった。

そう。今回ご紹介するのは日本のラーメン文化を世界に広めた立役者である

博多 一風堂 です。

miniが一風堂に出会ったのは10年ぐらい前でしょうか
銀座の地下にあるお店に行列店でした。

その時はすでに一風堂が世界に打って出るか出ないかって時期だったのではないでしょうか。

日本でもすでに超人気店となっていました。

その行列に並んでようやく頂いた「赤丸新味」は衝撃的な美味しさで
未だにその時味わった感動を覚えています。

そんな思い出深い一風堂がminiの生活圏に出来ていたのですが
なかなか行く機会に恵まれず今まで訪問していませんでした。

しかし!今回ようやく訪問することができましたので
レポートしたいと思います。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

では早速行ってみましょう!

基本データ

  • 店名:一風堂 武石インター店
  • 住所:千葉県千葉市花見川区武石町1-284-1
  • 電話:043-441-4663
  • 営業時間:10:00~22:00(年中無休)
  • 駐車場:あり
  • ジャンル:博多とんこつラーメン

インターチェンジ周辺の激戦区

一風堂武石インター店は店名の通り
京葉道路の武石インターチェンジを降りてすぐの所にあります。

この武石インターチェンジの周辺は
飲食店が乱立していてラーメン店だけでも5店舗もあるので
まさに激戦区っといったところでしょうか。

因みに以前にご紹介したばんからもこのご近所です。

インターチェンジ近くと言う場所柄、駐車場は広めに用意されています。

ほとんどが車移動のminiにとってはこういった駐車場の広い店舗は非常にありがたいです。

また比較的新しい店舗である外観はとても綺麗でとっても好感が持てますよ。

店内も綺麗 接客もフレンドリー

早速中に入ってみます。

店内も綺麗です。
非常に心地よいです。

場所柄、ファミリー層が多いと思われるので
この綺麗さは店舗を訪れる理由の一つになりますね。
やっぱり子供や大切なパートナーを誘って食事に行くなら
綺麗なお店の方が断然いいですもんね。

あと、気になったのは博多とんこつラーメンの代名詞であるテーブルトッピングですが
これは「ピリ辛もやし」以外はオーダー式になっていました。

理由としてはコロナ感染症の予防らしいです。
でも…「ピリ辛もやし」だけがテーブルに備え付けである理由が不明ですね。(笑)

それはさて置き、メニューを見ていきます。

メニューは

基本の白丸元味、ピリ辛の赤丸新味、辛さが売りの極からか麺

そしてここ限定の江戸式醤油ラーメンの博多中華そばなどがあります。

博多中華そばに関して言えば創業当時、福岡・大名の一風堂で出していたものを復刻したんだとか。

その他はサイドメニューやセットメニューとなっています。

どれも美味しそうで迷ってしまいますが
今回はどうしても昔の感動をもう一度味わいたく

赤丸新味(820円)をチョイスすることにしました。

綺麗な店内でリラックスしながらラーメンが出てくるのをお茶をすすりながら待ちます。

テーブルに備え付けられているお茶はルイボスティー。

とってもサッパリしているんですが珍しいですよね?

ルイボスティー…

これレジのところでも売ってるんですが

miniは歯医者さんの味のような感じてしまい、あまり好きじゃないです。(笑)

変わらぬ思い出の味

そんな感じでルイボスティーの強いクセと戦っていると

出てきました!赤丸新味

見た目はあの時と同じです。

その変わらない見た目に思い出の味が脳裏に浮かびます。これだけで旨い(笑)

それではいただきます!

スープは白濁のとんこつスープ。

コッテリとした匂いが鼻をくすぐります。

ひとくち。

フワァっと口中に炊き上げられた豚骨の甘みが広がります。

美味しいです。とってもまろやかでコク深いスープですね。

それでは麺を

ズズズっ…

こちらも当時のまんまの味です。

まさに博多とんこつの細麺で小麦を強く感じられる麺で

スープをこれでもかってくらいに連れてきます。

美味しい。。

しっかりと博多とんこつラーメンを楽しめる味になっていますが、今回の赤丸新味は上にのっている辛味噌を溶かすことでピリ辛味に変化するので楽しさと美味しさが倍増します。

さらにせっかくなので辛子高菜と紅生姜を注文します。これは今までテーブルに備え付けられていたテーブルトッピング分なので

いくら頼んでも無料です。これぞ博多とんこつ!

今日のミニ丼♬

半チャーハン(290円セット価格)

こちらは至って普通のチャーハンでした。

パラパラ系のチャーハンが好きな人はオススメです。

そして今回は博多とんこつラーメン名物の替玉(100円)も頼んじゃいました!

こちらは茹で加減を柔らかめにしてもらいました。

miniの持論として

最初はスープが熱々なので硬め、そして替玉はスープがぬるくなってきているので柔らかめを頼みます。

本当の博多とんこつラーメニストは、スープが熱々のうちに替玉をバリカタで頼むんでしょうけど、miniはバリバリの千葉県人なのでこれで博多とんこつラーメンを楽しんでます♬

総評

さすが世界に打って出るだけの事はあるなと感心させられるお店でした。

良い意味でも悪い意味でもフランチャイズのラーメンはコストを重視するあまりに、一番大切な味をないがしろにしてしまいがちです。

が、こと一風堂に至ってはちゃんと守るべき味を崩さずに保っているんですよね。これが世間からちゃんと評価されているんだと感じました。

また接客もすこぶる良く、マニュアルに則った堅苦しい接客ではなくキチンとお客さんとの会話を大切にしていました。(これは対応してくれた人に寄るところが大きいかも)

この接客はもう一度来たいなぁと思わせる最重要ファクターですよね。

綺麗なお店で、清潔な店内。そしてしっかりと施されたウィルス対策。

変わらぬ味のクオリティの高さと接客の妙。

全てが高いレベルのラーメン屋でした。

こう言った郊外店でもレベルの高いラーメンを提供できるビジネスモデルは非常に珍しいと思います。

まだ、一風堂を未体験の方は是非行って味わってみてください。

きっと一風堂のファンになりますよ。

miniもまた楽しませてもらいます!

ご馳走さまでした。

↓↓↓ お家で一風堂を楽しみたい方は ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました