らーめん とも 竹岡ラーメンの原形を感じられるお店

ラーメン
スポンサーリンク

どーも。今日もまたまた遠くまで来ました。袖ケ浦市です。

袖ケ浦市と言えば干潟としては国内最大である盤洲(ばんす)干潟が広がりその上には東京湾アクアラインが通る今と昔が混在するなんとも不思議な土地です。

昔から庶民の台所を支えてきた海洋資源の宝庫である干潟があり、近代建築の結晶とも言える海ほたるを擁するアクアラインがその上に悠然と掛かる、そんな袖ケ浦周辺で昔から住民たちの胃袋を満たしてきたご当地ラーメン。そう竹岡ラーメン。今回はこの竹岡ラーメンをレポートします。

ところで海ほたると言えばminiの大好きなドラマ「コード・ブルー」の映画版「劇場版コード・ブルー」の舞台にもなった場所です。何度か行ったことがありますが雄大な水平線を見ながら食べる佐世保バーガーがお気に入りだったりします。

話が脱線しました。今回は竹岡ラーメンが食べたくて選んだお店ではなく、仕事が一段落してから近所を探して偶然見つけたお店です。

では

らーめん とも さん

へ突撃します。

基本データ

  • 店名:らーめん とも
  • 住所:千葉県袖ケ浦市長浦駅前3‐3‐1
  • 電話:0438-62-6275
  • 営業時間:11:00~20:00(水曜日定休日)
  • 駐車場:あり
  • ジャンル:竹岡ラーメン

寂れた観光地の食堂

お店の場所は海沿いに続く工業地帯から、国道16号を挟んで反対側に位置し、JR内房線の長浦駅から延びる駅前通りにあります。

駅前通りにお店はあるんですが…

ちょっとした商店街になってるんですが…

お店の周りの雰囲気は寂れた観光地のそれです。何となく昔は活気があったんだろうなぁと思わせる面影を所々に残してはいるんですが、どことなく時代に取り残されてしまった感が否めない。

入り口にはお手製の換気システム(発泡スチロールで扉が完全に閉まらないようにしてある)が設置されていて、お店の入り口に立ってから、しばし本当に入っていいものか迷ってしまいました。(笑)

でもこう言うところが隠れた名店だったりするんだよ。と自分に言い聞かせ、勇気を出して突撃することにします。

海の家!?

店内はちょっとしっかり作られた海の家みたいで、決して綺麗ではないんですが海の家ならこんなもんかって感じです。

メニューは壁に貼られてるタイプで冊子とかはありません。カウンターに座って真上のメニューを見るために身をそらしていたら、お店のおばちゃんが「後ろにもメニューあるよ。」とぼそり。あんのかい!と心でツッコミを入れながらメニューを眺めます。

そして今日のオーダーすることにしたのは基本のらーめん(650円)です。やっぱり初対戦は基本からなんです。だってスゲェーのが出てきたら怖いから…そう勇者miniは結構ビビリなんです。

これが基本のスタイル

さあ、出てきましたらーめん!

おや?どっかで見た事があるような。

これは、いわゆる竹岡ラーメンですね。どことなく雰囲気が以前に食べたヤツに似ています。

しかし、今回のらーめんはスープの色が極端に薄く具材も貧相な感じがします。これが基本スタイルなのかなぁ?と考えてもしょうがないので早速食べてみます。

いただきます!

はい!やっぱりスープ薄い!出汁をとったスープというよりお湯に醤油ダレって味です。

麺も茹で過ぎな感じの細いちぢれ麺。

あっさりなスープにゆるい麺。それを少し引き締めてくれるのが角切りにされたタマネギ。

余計な味付けなしのメンマ。

強めの味付けチャーシュー。

これはまさに竹岡ラーメンの基本系ですな。やっぱり食べ進めていくと丼に竹岡ラーメンの文字が現れました。以前に食べヤツより遥かにオリジナル感があります。

しかもこちらはスープが薄すぎると感じる方用に追い醤油ダレが用意されています。

このサービスは気が利いてますね。素敵なサービスだと思いました。

歴史的な背景を感じる

らーめんともの竹岡らーめんはちゃんと歴史的な背景を残した基本系のラーメンでした。旨いかまずいかは別として、千葉の房総地区にはこう言うご当地ラーメンがあるんだぞと語り継いでいるようにも思えます。

そんならーめんともでオーダーした、今日のミニ丼♪

チャーシュー丼小(400円)

チャーシューの味はとても濃くてしょっぱいです。でもご飯が炊きたてのホカホカでとっても美味しかった。次回はライスのみでいいかも。

総評

らーめんとものラーメンはとってもあっさりしていて食べやすいし、スープの濃さも自分で調節できるので経験の無い方は是非一度経験することをお勧めします。

なんとなくノスタルジックな気分になれて、竹岡らーめんの原形を垣間見る事ができるはずです。

本当に素朴なラーメンでした。

ご馳走さまでした。

お店の場所

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました