買い物ついでに観光旅行? 勝浦タンタンメン はらだ

ラーメン
スポンサーリンク

ラーメンを食べ過ぎてもう血液がラーメンスープになってしまったminiです。

今回は千葉県富里市にある勝浦タンタンメンの隠れた名店

はらだ さん

に突撃します。

基本データ

  • 店名:はらだ
  • 住所:千葉県富里市七栄532-222
  • 電話:0476-33-3222
  • 駐車場:あり
  • 営業時間:11:00~15:00 17:30~20:30(木曜定休日)
  • ジャンル:勝浦タンタンメン

是非味わって欲しい名店

はらださんは千葉県のB級グルメの代表格である勝浦タンタンメンを近場で堪能できる富里市の隠れた名店なんです。

富里市に住んでいてはらださんの存在を知らなかった人は是非一度足を運んで欲しいお店です。

きっと新しい感動に出会えるはず!

勝浦タンタンメンとは

はらださんを紹介する前に、そもそも勝浦タンタンメンとはなんぞやって思ってる人も多いと思うので解説しときます。

勝浦タンタンメンとは、2015年に青森県十和田市で行われた第10回「B-1グランプリ」で優勝した千葉県のご当地グルメです。

その歴史は古く約50年前から地元の海人さんや漁師さんの仕事の後の冷えた身体を温める為に食べられていたご当地メシだそうです。。

発祥は1957年創業の歴史ある「江ざわ」さん。

坦々麺の存在を知った当時の店主がメニューに取り入れる為に再現を試みたものの、芝麻醬(チーマージャン)が手に入らずゴマの風味を再現することができなかった。そんな中、色々試した結果生まれたのがこの勝浦タンタンメンなんだとか。

基本のレシピは通常のゴマ系と違い、醤油ベースのスープにラー油がたっぷり掛かっているのが特徴。具材はタマネギとひき肉が一般的なんですが、お店によってニンニクやニラ、長ネギなど他の具材が入ったりもします。

因みに「勝浦タンタンメン」は「熱血‼︎勝浦タンタンメン船団」が2014年に地域団体商標を取得しています。

詳しくは「熱血‼︎勝浦タンタンメン船団」の公式ホームページをご覧ください。

はらださんはこんなお店でした

脱線しすぎたので話を戻します。(笑)

今回訪れたはらださんは富里インターから車で1分〜2分のところにあります。インターを降りて突き当たりを左折し、大阪王将がある最初の信号を右折、しばらく走るとジョイフルホンダという大きなホームセンターが現れます。これを更に直進すると左側にあるのですが看板がちっちゃすぎるのと、店舗自体が奥まった所にあるのでとても見つけづらい。通りからは見えません!コインランドリーの看板を目印にするといいかも知れません。

店構えはこじんまりしていて、これも奥ゆかしさを感じさせます。

お店に入ると「いらっしゃいませ」と優しい声でお出迎え。品の良い口調で席を案内されます。

入口近くには勝浦タンタンメンのノボリが立て掛けてあり、漫画の棚には熱血‼︎勝浦タンタンメン船団のパンフレットが置いてありました。店主の勝浦愛を感じます。

席についてオーダーを決めます。

メニューには辛いメニューと辛くないメニューがあり、それぞれ醤油ベースか味噌ベースそしてつけ麺が用意されています。勝浦タンタンメンで味噌ベースがあるのは珍しいですね。また、辛いメニューは辛さを控えめから大辛まで5段階で選べるようになっているので、辛いのが苦手な人でも勝浦タンタンメンを楽しむ事ができそうです。

miniのオーダーはと言うと、やっぱりここに来たからには勝浦タンタンメンをオーダーしないわけにはいかないでしょ。ってことでスタンダードな醤油ベースの勝浦タンタンメンをチャーシュー入り(950円)でオーダーすることにしました。辛さは普通をチョイス。

ご対面が楽しみです♪

さあ、ラーメンが出て来るまで恒例の店内チェックです。

まず、テーブル調味料はコショウのみとシンプル。座席の数はカウンターが5席、4人掛けのテーブルが2セット、そして相席カウンターテーブルみたいなのが3人分ありました。

若干、店内が暗く狭く感じましたが、お掃除がちゃんとされていて清潔感があったので無問題。逆に店員さんの人柄を感じやすい狭さでよかったです。

出てきました!タンタンチャーシュー!

勝浦で食べたのがかなり昔なので比べる事ができませんが本物の勝浦タンタンメンに見えます。(笑)

まずはスープから…ゴホッ!ゴホッ‼︎

一口すするや否や辛さにむせ返ります。いやぁー本当に辛い!辛さ普通のはずなのに…時期が時期だけに余り咳き込んでいると変に思われるので、なんとか体勢を整えて再度スープを味わいます。

ラー油の下のスープは鶏ガラスープでちゃんと野菜の甘みも出ています。タマネギも一緒に煮込んでいるのか、かなり甘さに貢献していると思われます。また、醤油ダレはチャーシューを煮込んだ物を使っているのか、肉の旨味を感じます。

麺は昔ながらの中華麺で余り主張する事なく最後に小麦の甘さを口に残す程度です。

なのでスープとのコントラストが大きくスープが主役のラーメンである事がすぐに理解できます。

トッピングしたチャーシューは肩肉を使用していると思われ、しっかりと味付けされていて炭火で焼いたような香ばしさを感じました。

さすがに熱血‼︎勝浦タンタンメン船団が公認しているだけあって、勝浦タンタンメンとして完成された一杯です。昔し勝浦で食べた本場の勝浦タンタンメンを思い出しました。

味噌ベースも食べてみたい

これだけ完成された勝浦タンタンメンを食べれるのなら、味噌ベースの勝浦タンタンメンを是非食べてみたくなります。

次回は必ず味噌ベースでチャレンジですね。

近場で本場のご当地グルメ

また、このお店は場所が分かりづらいので隠れた名店っぽくて自慢したくなる事請け合いです。(笑)

週末などご家族でホームセンターへお買い物がてら、お昼に隠れた名店で本場の勝浦タンタンメンを堪能してみてはいかがでしょうか。

今日のミニ丼♪

ミニチャーシュー丼(ピリ辛)300円

濃い目の味付けで細く切られたノリがとっても美味しかった。

総評

タンタンメン船団公認店。勝浦まで行かなくても富里で味わえる勝浦タンタンメン。食べたことのない方は是非一度行ってみてはいかがでしょうか?

お店詳しい場所

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました