圧巻の超絶チャーシューが胃袋を襲う ライトハウス

ラーメン
スポンサーリンク

お洒落…。ラーメンとはかけ離れた言葉。

全国のラーメン好きなら、
お洒落という言葉がどれだけ程遠い言葉かわかるはずです。(笑)

でもお洒落にラーメンを楽しめるお店を発見しちゃいました!

しかもminiの趣味であるアクアリウムもあったりと
miniの大好きな空間が広がっていて
ぜひ皆さんに知ってもらいたいと思ったのでご紹介します!

店名は ライトハウス

店名までお洒落ですね。(笑)
おおよそラーメン屋とは思えません。

それでは早速行ってみましょう。

基本データ

  • 店名:ライトハウス
  • 住所:千葉県成田市公津の杜3-6-5
  • 電話:047-620-5001
  • 営業時間:11:00-14:30 18:00-22:00(水曜日定休)
  • 駐車場:あり
  • ジャンル:デカチャーシューラーメン

わかりづらい外装だけど入ると…もっと

お店は京成本線公津の杜(こうづのもり)駅から歩いて行ける範囲にあります。

駅に近い立地ですが駐車場もちゃんとあります。
しかし、ちょっとした雑居施設になっているので他の店舗と駐車場が共有なんです。
なので他の店舗のお客さんが多いと駐車できない時があるので注意です。

入り口は非常にお洒落なカフェ風の作りで
(実際キッチン&カフェって書いてあるんですが)
窓に「ラーメンやってます」って書いてなければ
絶対にラーメンが食べられるお店だとはわかりません。

miniみたいなおっさんになると
こういった店構えのお店には入りづらいです。(笑)

しかし!美味しいラーメンを求めて勇気を出して扉を開きます。

うっ!

店内もかなりお洒落な造りです。

ブルーライトがぼんやりと店内を照らし
ムーディーな雰囲気を醸し出しています。

こっ、これは…
完全にお洒落なカフェバー…
場違い感がとてつもないです。

更には大きな水槽でアクアリウムが展示されています。

しかも海水魚!
海水魚って普通の熱帯魚より手間暇がかかるんですよね色々と。

この規模の水槽を綺麗に維持するのは
相当な知識量と手間が掛かってるはずです。

単純に同じ趣味を持つ者として感心します。ただただ凄い。

他のお客さんもこの水槽には見とれていました。
これは必見の価値ありです。

カウンターにはメニューの他に雑誌のスクラップが置いてあって
そのスクラップによると
このお店のコンセプトは灯台なんだそうです。

確かにお店全体がどことなく海を感じさせる雰囲気で
70年代のアメリカンポップがBGMで流れている店内は
照明のライトアップも相まってなんともロマンチックです。

ラーメンにロマンチックが合うか否かは置いておいて
デートするには良いお店のようですよ。

さて、本日のオーダーは何にしましょうか。
メニューを眺めます。

どれも美味しそうですが
今回は厚切りチャーシューメン(1,080円)にすることにしました。
ちょっと高いお値段ですが写真をみて圧倒されちゃったんです。

凄いチャーシューですよ。これ。

圧巻のチャーシュー

大きな水槽を眺めながら待っていると間もなく出てきました
厚切りチャーシューメン!

ドーン!!!

凄いです!チャーシュー?パーコー?
とてつもない大きさのチャーシューがのっています。

とっても食べ応えがありそうです。

それではいただきます!

スープはちゃんとダシが効いていて
醤油が香る美味しいスープです。

麺も昔ながらの中華麺って感じでプルプル。

ラーメンとしてはかなり美味しいと思います。

そしてメインの厚切りチャーシューは…

いわゆるパーコー的な感じでお肉を揚げてあります。
なのでサクッて食感の後にお肉のしっとりとした感じが味わえてとても面白いです。

大きさも食感も破壊力は抜群です。

しかし!
この大きさの揚げ肉は、食べ進めるうちに非常に重たさを感じてきてしまいます。

若い人には最高のラーメンかも知れませんが
miniのようなおじさんにとっては
半分以降は苦行に近い感覚になっちゃいました。

もちろん最後までちゃんと頂きましたが
その後の胃もたれが凄かったです。

総評

ラーメンは非常に美味しいラーメンです。

70’sのアメリカンポップ。
大きな水槽の中で楽しそうに泳ぐニモたち。
そしてお洒落な内装の店内。
メニューもラーメンだけじゃなく
ハンバーグランチみたいな定食もたくさんあったので
デートランチにはもってこいのお店です。

ただ厚切りチャーシューは若い方、もしくは胃の丈夫な人にのみおススメします。

ご馳走様でした。

ライトハウスレストラン(その他) / 公津の杜駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました