吟屋 自分好みの最強の一杯を作る楽しみ

ラーメン
スポンサーリンク

やっぱり吟屋さんは安定してますね。味はもとよりコロナ対策も進化していて、安心して食事を楽しませる工夫を真剣に考えているのが伺えてとっても好感が持てます。

今回は千葉県花見川区の

吟屋 さん

に突撃です。

基本データ

  • 店名:吟屋
  • 住所:千葉県千葉市花見川区㸿橋町1512-1
  • 電話:043-257-5505
  • 駐車場:あり
  • 営業時間:11:00〜15:30 17:30〜23:00
  • ジャンル:横浜家系ラーメン

安全対策は進化していた

今回は時間があまりなかったので近場の吟屋さんにお邪魔したのですが、以前お邪魔した時よりも更に安全対策が充実していたのでビックリしました。

前回訪れたときは、お客が帰った後にアルコールスプレーを使って消毒をしていた程度でしたが、今回訪れてみるとカウンター席を2つ飛ばしで利用できなくしていました。ひとつ飛ばしは見たことありますがここまでやっているお店は見た事がありません。お客から指摘されたのかもしれませんが、それでもここまでやれば回転率も当然下がる訳で…これを決断するには相当な覚悟と接客姿勢を感じます。

味も良く、安心して食事を取れる環境を提供していただけるのは本当に感謝ですね。

今回は王道の家系をチョイス

安全対策に感動したところでラーメンの話しに戻します。

今回は王道の家系ラーメンを注文しました。前回は中華そばをレポートしたし、やっぱり吟屋といえば家系でしょうてな感じです。

おぉー!なんとも美味しそうですね。

醤油ラーメン(780円)です。

家系と言えばとんこつスープと東京醤油を掛け合わせた最強スープ。匂いから美味しいです。

ではいただきます。

やっぱり美味しい!

濃厚なとんこつスープなんですが、しつこすぎないこってり感で後味スッキリです。これは鶏ガラスープの絶妙な割合がそうさせているのでしょう。しかもこんなにクリーミーに仕上げるには相当な量のとんこつが必要だろうし、それに相反して獣臭さを感じさせない技術の高さは吟屋ならではかもしれません。

麺は細麺か太麺を選べるんですが、家系ラーメンは太麺一択です。なぜなら家系ラーメンは太麺をベースに造られたラーメンだからです。しかも吟屋は毎日横浜から専用の麺を直送しているだとか。こうなれば太麺以外の選択肢はあり得ません!この太麺がモチモチ感がたまらなく、食べていて楽しくなる麺なんです。小麦の香りも甘さも強く濃厚なスープに負けていません。さすがのこだわり麺ですね。

次にチャーシューですが、これもさすがの一言です。チャーシューは中華そばと共用ですが本当に絶品に仕上がってます。味がしっかり染みていてなおかつトロトロ。時間を掛けて調理されている事がすぐにわかる美味しさです。しかもオーダー毎に切り出しているので美味しさが常にフレッシュなんです。

家系ラーメンの真骨頂 味変

このままでもとっても美味しい家系ラーメンですが、本当の楽しみはこれからなんです。

そう!家系ラーメン最大の楽しみと言えば…味変です!

家系ラーメン屋には様々なテーブル調味が置いてあり、それらを駆使して自分好みのオリジナルラーメンを作り上げるのが最大の楽しみと言っても過言ではありません。

そこで今回はminiのオリジナルラーメンのレシピを大公開します。miniの好みは何度か書いてますが、生姜たっぷり&お酢たっぷりの仕様です。

今回もブラックペッパーから始まり、ゴマを擦って振りかけおろしニンニクをちょっと入れます。そこに豆板醤を多めに溶かし込みお酢を大量回しかけます。こうする事で辛さがダイレクトではなくマイルドに感じられ、豆板醤をたくさん入れても大丈夫なんです。

ん?なんで敢えて豆板醤をたくさん入れるのにお酢で辛さを中和するのかっていうと、発汗作用などで体に良いとされるカプサイシンを大量な摂取する為です。この方法は学生時代にバイトしていた軽食屋のママさんから伝授されました。(笑)

そして最後に大好きな生姜をこれでもかってくらい入れてminiスペシャルが完成します。

もちろんテーブル調味料はいっぺんに入れないで段階的に入れて味の変化を楽しみます。これができるのは家系ラーメンの醍醐味なんです。

総評

どれをとっても高い完成度を誇る吟屋の家系ラーメン。是非一度は食べていただきたい。そしてテーブル調味料で自分好みの最強の一杯を作り上げてください。最強の一杯ができたらこっそりレシピを教えてください。

今日のミニ丼♪

今回はミニチャーシュー丼の辛いバージョン。辛ネギチャ丼(340円)

ネギチャ丼はこっちの辛いほうがおススメ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

お店の場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました