未だにこんなお店があるのか! 汚食事処? 濃厚らーめん ガツリ

ラーメン
スポンサーリンク

たまには濃厚系ラーメンが食べたい!って事で見つけた

酒々井のラーメン屋さん

国道51号線沿いで成田に入る一歩手前にあります。

近くには2件ほど他のラーメン屋があるので
ここら辺でラーメンが食べたくなったらお店を選んで
好みのラーメンを食べることができます。

ひとつは家系ラーメンの酒々井家本店、もう一つは背脂豚骨ラーメン山六商店。

そして最後は今回レポートする

濃厚らーめん ガツリ です。

濃厚な魚介系ラーメンが好きな人には期待以上のラーメンを提供してくれる
ラーメン屋ですが
普通の人にはお勧めできないとても汚いラーメン屋です。

その詳細をレポートいたします。

基本データ

  • 店名:濃厚魚介らーめん ガツリ
  • 住所:千葉県印旛郡酒々井町中川119
  • 電話:043-481-6808
  • 営業時間:11:00~翌3:00(無休)
  • 駐車場:あり
  • ジャンル:濃厚ラーメン

なんとなく寂しげな外観

駐車場は51号線からは入りやすく

駐車場自体も広いので車でのアクセスはしやすいです。

しかしながら外観は少しもの悲し気な雰囲気がします。

また入り口の所にも雑草が生い茂り
もう少し気配りをした方がよい気がします。

入り口を入るとすぐに券売機があり食券を購入するシステムです。

券売機の隣には写真付きでメニューの冊子が置いてあるので
イメージがわかない方には親切ですね。

今回はせっかく看板に濃厚らーめんと謳っているので

あっさりらーめんではなく、豚骨らーめんをチョイスすることにしました。

食券を購入後は席に案内されることなく
「好きな席へどうぞ」と…

店内は決して綺麗とは言えず油でギトギトな感じです。

キッチンも清掃が行き届いておらず、整理整頓も去れていない様子。

テーブル席の座布団はテーブルの上に置きっぱなしだし
寸胴の蓋なんかも地べたに直に置いてあったり
見ているだけで食欲が失せてしまします。

テーブル調味料もベトベトだし触りたくない状態でした。

見たことある麺

精神的に結構やられていると出てきました濃厚らーめん!

見た目は美味しそうです。

チャーシューの存在感。凄いです。

それではいただきます。

スープは濃厚とんこつと書いてありますが
結構魚粉を感じる魚介系な味がします。

確かに濃厚なんですが何か足りないような…

次に麺。

麺はモチっとしていてスープにあっています。

なんとなく見たことのある白い麺は
以前に訪れたどてちんを彷彿とさせます。

どてちんに行った時のレポートはこちら
⇒ どてちん 千葉で人気の行列店にいってみた 

後で調べて分かったのですが
ここガツリどてちんは同じ株式会社AOJが展開する麵屋青山の系列店である事がわかりました。

どうりで!

お店の汚さや接客の悪さは系列店ならではと納得です。(笑)

まあその他の具材はと言えば


チャーシューは脂分が多めのバラチャーシューで脂身が好きな人には最高。
メンマは極太で食べてる感が凄いです。
上に載っているネギは固い部分を使っているのか食感が悪く邪魔です。

ラーメンとしての全体感は普通の濃厚魚介系ラーメンってところでしょうか。
これと言った特徴が感じられるわけではありませんでした。

今日のミニ丼♪

ちゃーしゅー飯(300円)

溢れんばかりのチャーシューがのっていますが
やはり脂身が大部分で結構胃に来ますね。

掛かっているタレは甘辛く美味しい味なんですが
量を掛け過ぎでしょっぱいです。

ラーメンのお供として少しは白いご飯の部分が欲しい人にはお勧めできません。

逆に言えばチャーシュー丼を楽しみたい人にはいいのかも…

総評

感想として先ず出てくるのが

お店が汚い!
接客に対する企業姿勢がわかる汚さ。

先にも触れたどてちんもそうでしたが
お客さんの方へ視線が向いてないんですよね。

以前のようなお店を出せば売れるという時代ならそれでよかったのでしょうけど

コロナ禍で感染リスクを背負いながら外食に行く現代は

きっと生き残れないのではないかと思います。

miniなんかが口を出す部分ではないのかも知れませんが

今後はお客様にどうやって心地よく過ごしていただくかを考えないと
外食店は生き残っていくのは厳しいかと。

ネットでなんでも買える世の中ですから
わざわざお店に行って食べようと思わせるには
それなりの対応が必要になると思います。

どてちん、ガツリと経験したminiとしては
もう株式会社AOJが展開する他のお店に行きたいとは思いません。

株式会社AOJファンの方には申し訳ない記事になってしまいました。
飽くまでmini個人の感想ですのでお許しください。

ご馳走様でした。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました