アクアリウムのある休日 ~ベタ編~

裏メニュー
スポンサーリンク

ども。
気が向いた時だけ更新するアクアの休日です。

これからも我が家にいる熱帯魚を少しづつ紹介していきながら
その魅力をご案内していきたいと思います。

今回はベタです。

みなさんベタってご存じですか?

ベタは熱帯魚の中でも最もポピュラーな種類のひとつで
まるでドレスのようなヒレをなびかせながら水の中を優雅に泳ぐベタ
言うなれば熱帯魚の貴族ってところでしょうか。

グラスの中でも飼えるほど生命力がある魚なので
初心者の方でも飼いやすく
熱帯魚の導入編として最適なチョイスと言えるのお魚さんです。

基本データ

  • 学名:Betta(和名:トウギョ)
  • 分類:スズキ目キノボリウオ亜目オスフロネムス科ゴクラクギョ亜科ベタ属
  • 飼いやすさ:★★★★★

とにかく綺麗

ベタの特徴はとにかく綺麗なんです。

色も様々な色があり好みの色を探すのもベタを飼育する醍醐味のひとつです。

現在は交配が進み錦鯉みたいな色のベタもいたりします。

因みに色が綺麗なのはオスのみでメスは地味な体色をしています。

オスのヒレはメスのものより長く
その形状によって名前が付けられています。

写真の白いベタはmini家で飼育している
トラディッショナルベタ

昔から親しまれている種類で
販売価格も非常にこなれています。
安い所だと200円ぐらいで販売したりしています。

しかも飼いやすい

そしてベタの特徴その2としては
ベタは肺をもっている特殊なお魚だって事です。

通業の魚類はエラで水中の酸素を吸収する
エラ呼吸を行って生きていますが
ベタエラ呼吸に加えて肺呼吸もできちゃうんです。

なので水中に酸素が足りないような状態になっても
空気中にお口を出して呼吸をおこなうことができるんです。
このためにグラスのような狭い空間でも飼育することが可能で
昨今ではインテリアの一部として楽しむ人も増えているようです。

優雅さの中にある激しさ

しかし!
ベタを飼う時点で注意しなくてはいけない点が1つあります。

ベタは和名がトウギョ(闘魚)っていうだけあって
闘う魚なんですよね。

なので綺麗な色だからって言って
同じ水槽に2匹以上で飼うことができないんです。

正確に言うとオス同士を多頭飼い(複数匹飼う事)することができないんです。

ベタは雄同士で同じ水槽にいるとどちらかが死ぬま戦ってしまうんです。

強い男が子孫を残すという弱肉強食の世界で生きているお魚なんです。

綺麗にふるまっていても暑い闘志がみなぎるベタの世界
みなさんも是非体験してみませんか?

mini家のベタギャラリー

最後にmini家にいるベタたちの紹介です。

一応mini家にはオス2匹、メス2匹の合計4匹のベタがいます。

一匹目は白いトラディッショナルベタ
二匹目は錦鯉のようなコイベタ
後はメス二匹。
写真でもわかるようにメスは地味なんです。。

水槽の中で優雅に泳ぐベタは何時間でも見ていられる
究極の癒しですね。

お家時間が増えてストレスがMaxになってしまっているあなた!

是非アクアリウムデビューをして
癒されっちゃて下さい。

(熱帯魚)ベタ+オートヒーター付き飼育セット(17cm水槽) ベタ(青系)付(説明書付) 本州四国限定
価格:5040円(税込、送料別) (2021/5/31時点)楽天で購入

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました